集塵、局所排気、換気のプロ集団が 工場設備の環境トラブルを解決

1-4.作業現場おける塗装ブースの排気装置や換気装置を設置する重要性とは?!

吉田工業 > 塗装ブース・クリーンルームに関する豆知識 > 1-4.作業現場おける塗装ブースの排気装置や換気装置を設置する重要性とは?!

作業現場の塗装ブースでは、排気装置や換気装置の設置はとても重要になってきます。作業現場において排気や換気に対する処理に困っている方は多いです。ここでは、適切な排気装置や換気装置の設置の需要性についてお届けします。

局所排気装置とは?

局所排気装置は、作業者が人体に有害物質を吸い込まないよう、工場、作業場、実験室などで発生する粉塵・有機溶剤・ガスなど、ダクトで屋外に有害物質を排出する装置を言います。常に有害物質を吸引する局所的気流を形成するので、室内に有害物質が拡散する前に屋外へ排出する事を可能にしています。

汚れた空気は吸い込み口から吸い込んで、ダクトを通って排風機が圧力を加える事で屋外に排出します。しかし、排気の大気汚染防止の為に集塵機や排ガス処理装置など、ダクトには空気清浄装置を取り付けるのがポピュラーです。

局所排気装置は、吸い込み口の形が設置場に適した形でない場合、有害物質が室内に拡散したり、装置を通さず屋外に漏れたりする恐れがあります。厚生労働省令に即した有機則や特化則などの要件を満たす必要があり、満たしていない場合には局所排気装置と法的に認められません。なので、法律に即した局所排気装置にする為には、設計する際に専門的技術力と豊富な施工実績を持つプロのノウハウが不可欠で、そんな時の為に弊社はお客様のニーズに応えながらサポートさせて頂いております。

プッシュプル型換気装置の良さとは?

プッシュプル型換気装置は、排風機によって排気ガスを屋外に排出していきます。なので、換気が必要な時に送風機で、空気を送り出す事ができる仕組みになっています。両方の機能が強調しながら動きながら換気され、気流の流れも均一で、有害空気排出をスムーズな流れで行っていきます。装置内部であれば気流はどこでも流れているので、局所的に高濃度にならないメリットも持っています。また、囲い式や外付け式の装置に比べて風速が平均0.2m/s以上なので、動力費に関しても経済的で安く抑えられます。

風速測定の自主点検を行う意味とは?

作業現場での良好な環境を整える為には、風速は大事なポイントです。局所排気装置はフードやブースからの有害物漏れ防止、プッシュプル型換気装置は横方向の妨害気流吸収で気流を均一にする事が目的です。風速点検は、年に一度行う事が定められていますが、測定頻度を増やす事でいつでも早急な対処を取る事ができます。作業環境測定において特定の管理区分の不調を未然に防ぐ、再測定費用を抑える、従業員の労働災害防止など、あらゆるトラブルの回避に繫がります。

ご質問・各種お見積もり依頼はこちらから TEL 0256-92-6032 Call from Smartphone

  • facebook
施工事例
集塵機に関する事例
塗装ブースに関する事例
油煙ミストに関する事例
局所排気装置に関する事例
換気に関する事例
設備管理に関する事例
その他の事例


PAGETOP
Copyright © 吉田工業 All Rights Reserved.