地元新潟で、加工機の囲い工事を行なって来ました!

地元でしたが、HPからの問い合わせ!(12/24~25、27~28:4日間)

加工機が工場内にて並んでいる。

新潟の冬期は地区によってはかなりの温度差があり、朝一の運転時には、加工機の動作にも影響があります。

自動加工機(2台)に対して、鉄骨+シートで囲いを設け、工場内との温度差をつくる

完成!

出入口:3箇所

W1600*H2000…2箇所

W1200*H2000…1箇所

長手中間部には40cm換気扇(フィルター付)囲い内の籠もるミストの排気用として

上の写真の反対側

ドラム缶が置いてあるところに変な白い帯が?!

囲いの中に見えている(奥)切削粉排出バケット→ドラム缶へ入替→ドラム缶を業者が引き取りに!

入替専用のジッパー窓!!

ほとんど機会はないのですが、何かあった時にと、加工機の上面一部を開放できるように!

           

《以下は施工中の写真》

鉄骨組み立て①
鉄骨組み立て②…天井部に梁が取り付けられている
内部は、壁側にもシートを下げて、壁との間に空間を!
それにより、空気の層が出来、工場内・囲い内との温度差をつくる
出入口:鉄骨+シート スライド式
下側にはガイドをしっかり設けてます。

       

1箇所は、加工機(もう一台)切粉排出バケットの搬入用として
内側からのスライド扉

      

お客様のご要望で、年内完成を!

と言われましたが…。残念ながら、壁側に取り付けるシート(1枚)だけが間に合わず…。

それでも、お客様より、工場内と囲い内の温度差を感じてもらい、満足な結果を頂いております。(残工事は年明けにて)